top of page
検索
  • secretariat

New Paradigm for the Future of Global Governance





京都国際平和構築センターが主催したオンライン討論会でグローバル・ガバナンスの将来に向けた新たなパラダイムが確認された。参加者は、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ地域などの国々が代表されるように、国連安全保障理事会を改革するよう、まず安全保障理事会の非常任理事国の数を直ちに増やすように改革されるべきであるとの意見が多数を占めた。そして、国連創設100周年を迎える約20年後には、拒否権をなくすことを含めた、国連システムの包括的な改革を求めた。ラモスホルタ大統領のビデオメッセージをご覧ください。(12/1/2024)




閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page