top of page
検索
  • secretariat

ACUNSフランツ・バウマン新会長の論文



ACUNSのフランツ・バウマン新会長は、気候危機は化石燃料危機である一方で、地球温暖化の緩和は費用も不便も変化も伴わずに達成できるという幻想は消えつつあると示唆する。そして、大手石油がどのような行動をとろうとも、化石の時代は終わりが、未解決の問題が残る。それは、気候問題が解決する前に、政治的に可能なことは何でも生態学的に十分であることが証明されるか、それとも生態学的に必要なものが奇跡的に政治的に可能になるのだろうかということである。答えは、リオの環境行動計画が復活するかどうかだ。論文を参照ください。論文を読むには下記PDFをクリックして下さい。


Franz Baumann That Plan from Rio Social Research Vol.90 Winter2023
.pdf
Download PDF • 264KB

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page