top of page
検索
  • secretariat

平和維持に関するアジアの見解

更新日:2023年7月7日


ワシントンで2023年6月20-21日に開催されたACUNS 年次総会で、国際平和の維持についてアジア三か国、中国、日本、韓国の学術団体の会長が参加して見解が述べられ討論された。中国からは、胡文麗女史、国連中国副会長兼事務局長、日本からは、山田哲也(南山大学教授、日本国連学会会長)そして韓国からは韓国国連システム学術会議 (KACUNS)の会長が各々の見解をのべられた。そして、ACUNS副会長兼次期会長のフランツ・バウマン教授とACUNS東京連絡事務所長で京都芸術大学特別教授の長谷川祐弘教授が総括を行った。発言の内容はPDFをクリックして下さい。

Summary of Asian Perspectives session
.pdf
ダウンロード:PDF • 610KB



閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page