top of page
検索
  • liaison5

2024年 ACUNS 年次総会

更新日:6月16日



2024年 ACUNS年次総会

東京大学駒場キャンパス

FRI-C7 Roundtable

2024年6月21日(金) 14:00-15:15

 

多様化し分裂する世界における芸術と平和の文化

 

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)憲章では「戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と述べられている。国連は1999年の決議53/243「平和の文化に関する宣言と行動計画」において、「平和とは争いがないことのみならず、対話が奨励され、相互理解と協力の精神をもって争いが解決される、積極的でダイナミックな参加型のプロセスが必要である」と平和に対する理解を表明し、冷戦の終結が平和の文化を強化する可能性を広げたことを認識した。


この分科会では、多様な文化やイデオロギーを持つ対立したグループによって世界が再び分断されつつある現在、文化と平和の関係について、参加者がそれぞれの理解を発表する。このグループでは、特に次のような核となる価値観や原則について検討する。


プレゼンター:

  1. 風間 重之 京都芸術大学 教授

  2. 中山 和也 京都芸術大学 教授

  3. 神余 隆博 関西学院大学学長特別顧問・教授


コメンテーター:

  1. 山本 忠道 京都国際平和構築センター 評議員

  2. Youssof GHAFOORZAI 在ノルウェー・アフガニスタン 大使

  3. Hongsheng SHENG 上海政法大学国際法学院 教授(国際公法)

  4. Poulomi BHADRA ジンダル・グローバル大学 助教授


モデレーター:

 長谷川祐弘 京都芸術大学 特別教授


オーガナイザー:

 中山 博喜 京都芸術大学 教授

 Arbenita SOPAJ 駐日コソボ共和国大使 特別補佐官

 


モデレーターとスピーカー


長谷川 祐弘  国際連合事務総長特別代表 東ティモール(2004-2006)

 

日本国際平和構築協会 理事長。国際連合事務総長特別代表 東ティモール担当(2004-2006年)。国連に37年間勤務し、南太平洋(1985-86年)、ルワンダ(1995-96年)、東ティモール(2002-2006年)で国連常駐調整官を務めた。ジュネーブ国連ボランティア副事務局長(1987-93年)、カンボジア国連ボランティア選挙担当官マネージャー(1993年)、UNOSOM II政策・計画部長(1994年)。ニューヨーク国連開発計画(UNDP)アジア太平洋地域担当次官補(1096-99年)。現在、日本国際平和構築協会(GPAJ)理事長、ACUNS東京連絡事務所所長、京都国際平和構築センター所長、日本国連協会学術交流担当理事。ミシガン大学で学士号、国際基督教大学(東京)で修士号、ワシントン大学(セントルイス)で博士号を取得。


風間 重之 京都芸術大学 教授

 

1987年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、ソニー株式会社入社。日米でAV機器のデザイン、デザインマネジメントを担当。2006年ソニー・エリクソンに移籍し、スウェーデンからグローバルチームを統括。2009年ソニー・コンピュータエンタテインメントに移籍し、日本とサンフランシスコでPlayStation®プラットフォームのデザインを統括。2018年 ソニー株式会社 クリエイティブセンター ゼネラルマネージャーを経て、2019年退社。






中山 和也 京都芸術大学 教授


 Jean-Luc Vilmouth、Guillaume Paris、Tadashi Kawamataのアトリエで研鑽を積み、フランス国立パリ高等美術学校客員研究員(2017年まで)。近年の主な展覧会に、Partie de campagne (titre parapluie) (Galerie Thaddaeus Ropac, Paris-Pantin)、Kuandu Residency Program Exhibition (Kuandu Museum of Fine Arts, Taipei)などがある。事前に準備された作品を展示するのではなく、今ここで起きていることに焦点を当て、現場の感覚を直感的に視覚化する。ありえない状況での恋人たちの予期せぬ出会いや、展覧会に遅刻した作品、さらには森の斜面に夏みかんが転がる作品など、動きの始まりを押し出すことで、作品として起こる状況や結果を提示する。



神余 隆博 関西学院大学学長特別顧問・教授

 

大阪大学で法律を学び、1972年に外務省に入省。スイス、中国、ドイツの日本大使館に勤務。外務省では軍縮課長、国連政策課長などを歴任。1999年、欧州局次長。多国間協力局長を経て、2005年に駐日国連大使兼副代表に就任。2年後、駐ドイツ連邦共和国大使。2012年に退官後、関西学院大学副学長に就任(2012-2018年)。現在、関西学院大学国連・外交総合研究センター長・教授。


山本忠道 国際連合事務総長特別代表兼国際連合アフガニスタン支援団(UNAMA)団長(2016-2020)

 1974年から40年間、日本の外交官を務める。1992-94年カンボジア和平国際協力担当理事、北米担当理事、フィリピン・大韓民国・米国政治部長、広報局長、駐ハンガリー大使(2012-2014年)、ユネスコ常駐代表(2008-2010年)などを歴任。パキスタン・アフガニスタン支援日本政府特別代表(2010-12年)を務め、東京で開催されたアフガニスタン支援閣僚会議(2012年7月)の運営を担当。




GHAFOORZAI Youssof, 駐ノルウェー・アフガニスタン大使


 多国間外交、外交政策、紛争解決に幅広い専門知識を持つ外交官。ニューヨークの国連アフガニスタン政府代表部で政治顧問を務め(2010~2014年、2016~2019年)、アフガニスタンに関する重要な国連決議の交渉やテロ対策・制裁委員会の指揮を執った。カブールの外務省では国際問題担当上級顧問を務め、国連・国際会議部に所属。 アフガニスタン代表として数々の国際フォーラムに参加し、平和、安定、開発を提唱してきた。2019年11月より、駐ノルウェー、デンマーク、アイスランド・アフガニスタン大使。2021年8月のタリバンによる政権奪取後、包括的な政治プロセスを通じてアフガニスタンの危機を解決するための国際的関与を提唱している。クイーンズ・カレッジ(CUNY)で政治学と行政学の学士号(国際関係論専攻)、歴史学の副専攻を取得。


BHADRA Poulomi,  ジンダル・グローバル大学 助教授 


 IDEAS Office of Interdisciplinary Studiesのアシスタント・ディレクター兼研究員。IDEASでは、過渡的空間、文化、メディア研究に関する研究コンステレーションの共同リーダーも務める。JGU入社以前は、ロンドンの自然史博物館でロンドン警視庁と法医昆虫学の研究に従事。英国エセックス大学で犯罪学と犯罪心理学、キングス・カレッジ・ロンドンで法医学、インド・コルカタのセント・ザビエルズ・カレッジでバイオテクノロジーの学位を取得。 STEMと社会科学における学際的な訓練は、「邪悪な世界」の問題に目を向けるための革新と創造的な学識をもたらすのに役立っている。現在の研究テーマは、移行期正義と証拠・記憶・文化の役割、学際的教育学とカリキュラム、脱植民地化する犯罪学、オンライン・ヘイトスピーチとサイバー現象、社会構築主義におけるメディアの役割など。


SHENG Hongsheng, 上海政法大学国際法学院 教授(国際公法)


 上海政法大学国際法学院教授。LL.M.(国際刑事司法と武力紛争、ノッティンガム大学、英国)、Ph.D.(国際法、武漢大学、中国)を取得。2004年4月から2005年4月まで、国連ミッション(MONUC)の専門家。また、国際刑事事件を審査する独立調査委員会の委員長にも任命された。専門は国際公法、国際人道法、国際刑事司法。著書は単行本6冊、論文60本以上。2018年と2019年に国連職員と東アジア学者とのジュネーブ対話に出席。


閲覧数:37回0件のコメント

Comentarios


bottom of page